エステの口コミサイト|エステの体験談・ランキング・比較についておすすめくちこみを掲載

痩せてる人の食生活

基本は一日三食となっておりますが、人によっては一日それ以上食事をとっている方もいます。
食べる量も増えてしまうのは肥満の原因になってしまいます。
また、健康的に痩せるために普段からどのような食生活をしていったら良いかいまいち分かりません。
それは痩せている人の食生活をのぞき見れば痩せやすい食生活が分かります。

 

 

太っている人の体質と痩せている人の体質

 

痩せている人の食生活の前に太っている人の体質とやせている人の体質の特徴と違いは脂肪細が関わっています。痩せの大食いと言われる方の多くは、脂肪細胞の中の褐色脂肪細胞の働きが高いと言われています。

 

褐色脂肪細胞とは、体温を一定に保ちながら、エネルギーを熱として体外に放出させ、肥満を予防する働きに優れています。
痩せるホルモン、というのがあるのを聞いたことはあるでしょうか。
実際に糖尿病の治療薬として使われているGLP-1と呼ばれる物質で、血糖値の上昇を穏やかにし、膵臓の働きをアップさせてインスリンを分泌する効果があります。

 

GLP-1は、食後に分泌されるホルモンなのですが、食べても太らない人や痩せ体型の方というのはGLP-1の分泌量が食前と比べて5倍に増えるというデータもあるそうです。
一方で太りやすい方の場合は、食前と比べて3/5に低下していたというデータがあり、このGLP-1の数値の違いが食べても太らない、太りやすいに関係していると言われています。
また、このGLP-1を分泌する細胞が多く集まっているのが小腸です。

 

これとは逆に、太りやすい方というのは脂肪細胞の中の白色脂肪細胞が多いと言われています。白色脂肪細胞は脂質の貯蔵庫と呼ばれ、肥満を生みやすくなります。
白色脂肪細胞は胎児から成長期に掛けて増加すると言われており、幼い頃に太っていた時期がある方は、成人になっても白色脂肪細胞が普通よりも多いため太りやすくなると言われているのです。

 

また、痩せている人はどんなに食べていても太らないという体質の方は事実上存在します。
もともと人は生まれてからの体質から成人になっても太りやすい、痩せやすいといった体質の二つに決まってきますが、痩せている人と太りやすい人の生活習慣にも大きく関係があります。

 

 

太っている人と痩せている人の生活習慣

 

両方の生活習慣を見れば痩せる人と太る人の特徴が分かります。
生活習慣には運動、睡眠、食生活などの生活リズムです。太っている人の生活習慣は運動はあまりせず代謝がどんどん悪くなります。
代謝が高いことにより痩せやすい体質になるのですがもともと太りやすい人の特徴として運動が億劫で普段しないことにより代謝が悪くなりどんどん太りやすくなります。痩せやすい人の特徴は普段からよく動いてることにあります。

 

ストレッチなど家事、外出時よく階段を使うなど運動量が違ってきます。睡眠も規則正しくとってたり、一番は食生活にも違いがはっきり分かってきます。

 

これから両方の痩せている人の食生活の違いについて見て行きましょう。

 

痩せている人の食生活

 

太っている人の食生活はいつも何も考えず食べたい時に食べ、カロリーも高いもの低いものをあまりこだわらず摂ってしまいます。
外食が多い、お菓子など糖分が多いものを食べているなどもまた痩せている人の食生活はバランスの良い食事にあります。

 

低カロリーの野菜類や肉、魚などもどれかを削ることなく食生活に取り入れます。痩せている人の食生活はここにあります。

 

痩せている人の食生活は太っている人の食生活に比べてなにかが偏っていません。
ちゃんと、水分補給を頻繁にするななど食の質にこだわっているのです。痩せている人の食生活はお腹いっぱいになるまで食べず、我慢もしすぎないことからストレスをためません。

 

痩せている人の食生活は気付かないうちに生活習慣の食生活が正されていきます。
太っている人は痩せている人の食生活を見習えばいいのですがなかなかそうはいきません。

 

どうするのが良いか言えば御飯を食べるときに毎回、ゆっくり食べるよく噛む。そして適度に運動するという簡単なことから始めればいいのです。痩せている人の食生活を見れば難しいことをしているわけではありません。

 

むしろ痩せている人の食生活は基本中の基本で誰にでもできることです。痩せている人の食生活は気持ち次第で真似することができるのです。
今日から痩せている人の食生活を見習い今日から食生活を変えてみませんか?