エステの口コミサイト|エステの体験談・ランキング・比較についておすすめくちこみを掲載

紅茶ダイエット

季節も寒くなってまいりました。寒くなりますと運動なども行うのがとてもおっくうになったりと体系管理がおろそかになってしまいます。食事も人によりいつもとりすぎたり、リバウンドしやすい期間でもあります。そこで、簡単で健康にダイエットができる紅茶でダイエットをする方法について今回はご紹介していきたいと思います。

 

 

秋、冬に太りやすい原因

紅茶でダイエットの前になぜ秋、冬になると太りやすくなるのでしょうか。
秋から冬にかけては、身体が体温や内臓の温度を一定に保つため、寒さに対する備えとして皮下脂肪を厚くしようとします。特に秋は冷房や急激な気温の変化にさらされたストレスが、体を太りやすくさせているのもあります。季節の変化は大変身体に大きな影響を与えてしまいます。

 

また、寒くなってくると運動量も急激に減ってきてしまいます。エネルギーの消費量が減ってします。
その逆に動かない半面食べものを多く食べてしまうためエネルギーの摂取量が増えてしまいます。
その結果、負のサイクルができてしまいます。

 

 

秋、冬に太ったときの改善方法

秋冬に太ったとき一番の改善方法はとにかく食べる量を減らすことが最善です。
口コミで広がっているのが夜8時以降食べ物を食べない方法があります。

 

胃腸がゆっくり休まるため、睡眠の質も良くなり、代謝がアップし太りにくい体質へと?がります。
いつもより多く食べたいと思う秋は当たり前のことだと言えます。そこを季節ごとに太ってしまうのを自分で認識することです。

 

それと同時に運動も適度にしましょう。そして、身体が冷えてしまうので代謝をあげるためにも温かいものを積極的に摂るようにしましょう。

 

秋冬は太りやすい半面、ダイエットすれば痩せやすい季節でもあります。
私達人間は体温を36度程度に保つために、食べたものや脂肪をエネルギーとして使い、熱を生み出しています。

 

体温と外の気温にあまり差が無い夏場は、少ないエネルギー消費量で体温をキープできるので基礎代謝は低め。
逆に、冬に向けて徐々に外気が下がっていくこの時期は、体温まで下がらないようにと身体が一生懸命に熱を生み出そうとする時期。

 

基礎代謝は夏より高くなるのです。つまり、夏と秋に同じ運動をすれば、エネルギー消費量はアップしより痩せやすい身体になります。
また気候が穏やかな秋に入ると、リラックス時に「副交感神経」も高まり、乱れていた両者のバランスが整います。
なので秋、冬に積極的にダイエットした方がいいと言えます。

 

それでは秋、冬におススメの紅茶でダイエットする方法をご説明します。

 

 

紅茶でダイエットする方法

 

最近では生姜ブームとも言われていますが、生姜紅茶もダイエットに良いと話題になっています。
生姜紅茶は手軽に飲めて体を温めると同時に発汗作用や利尿効果がアップ、また新陳代謝も高まることでリバウンドしにくい体質になるダイエット法として人気です。

 

痩せない主な原因には、上記でも書いたように基礎代謝の低下や運動不足ですが
下半身太りで悩む女性の場合は、冷えから起こる「むくみ」がその原因であることが多いものです。

 

体温が低いと代謝が悪くなり余分な水分が溜まりやすくなるため下半身のむくみがおき、糖分や脂肪が燃えない太りやすい体質を作ることにもなります。

 

そこで生姜には血行を促進して体を温める効果があり、緑茶を発酵させた「紅茶」には体の中で熱を作る作用があります。
これら二つの作用が相乗的に高まることで代謝がアップし、痩せやすい体質にさせてくれます。

 

また、「生姜」と「紅茶」には利尿効果もあるので、余分な水分や老廃物の排泄を促すことも期待できます。そこでむくみも解消されます。

 

紅茶ダイエットの紅茶の効能

 

紅茶ダイエットがなぜ効果的なのか紅茶には驚くべきたくさんの効能があるのです。
活性酸素(フリーラジカル)を除去する“テラフラビン”や“紅茶フラボノイド”を含む紅茶は、美肌と健康をにとても効果的です。
体内で活性酸素が増えると肌トラブル(老人性シミの発生・メラニン色素の増殖)や生活習慣病(ガン・高血圧・脳卒中・糖尿病など)を引き起こしてしまいます。
そんな活性酸素を紅茶は除去する働きがあります。

 

紅茶ダイエットする際のの紅茶に含まれる“紅茶カテキン”には、糖分分解酵素があります。
また、“カフェイン”には、脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用があります。

 

ダイエット効果をより高めたい時は、運動時に紅茶を摂取すると良いです。
だからと言って、ミルクや砂糖を大量に入れてしまうと逆効果になるのでほどほどに。

 

紅茶ダイエットする際の紅茶の成分はジンゲロール」「ショウガオール」は生姜に含まれる辛味成分で血管を拡張する作用があります。
生姜を食べると体の末端の毛細血管も拡張して体のすみずみに血液が行き渡り、結果、体温が上がり脂肪が燃えやすくなって痩せ体質になりやすいです。

 

紅茶には生姜と同じような成分が含まれているのですね。

 

紅茶ダイエットする際、生姜紅茶は1日に2〜6杯飲むのが適量です。
生姜紅茶の作り方はとても簡単で、お湯を沸かし紅茶を入れ、すりおろした生姜か生姜汁を小さじ1〜2杯入れるだけ。

 

チューブの生姜を代用できます。また紅茶ダイエットの紅茶にはお好みで黒糖やはつみつを入れて飲むのもお勧めです。
黒糖やはちみつは逆効果に思われがちですが代謝アップに繋がります。

 

紅茶ダイエットの紅茶の飲むタイミングは朝起きたときに一杯飲むのがいいです。
体温が低く代謝が低下している朝に飲めば、体を温め高代謝の状態で一日が過ごせるようになります。

 

紅茶ダイエットの際、寝る前よりも入浴前に飲むことが発汗作用をよりアップします。
紅茶はダイエットにとても効果的ですが飲みすぎはあまりよくありません。

 

紅茶ダイエットの紅茶を飲む際は日頃の適度な運動に加え生活習慣を正しつつ実行していきましょう。