エステの口コミサイト|エステの体験談・ランキング・比較についておすすめくちこみを掲載

痩せるためのホルモンについて

今、テレビでもよく大食いの女性などで話題にもなっていますが
よく食べるのに一体どうして太らないのでしょうか。

 

それは体質にもよるのですが人には痩せるためのホルモンというものがあるのです。

 

痩せるためのホルモンとは?

たくさん量を食べても太らない人の体質はどうなっているのか疑問に思った人はいませんか。
それには痩せるためのホルモンが実際にあるのです。

 

痩せるためのホルモンとはGLP−1と呼ばれるホルモンで、
このGLP−1を多く保持している人は痩せやすく食べても太らないのですが、逆にGLP−1が少ない人は太りやすいといわれています。

 

つまり、体内のGLP-1の量で痩せやすいのか、それとも太りやすいのかが決まってくるのです。

 

消化管ホルモンで消化管に入った炭水化物を認識して分泌されるホルモンです。
GLP-1は、インスリンの分泌を促すだけでなく、血糖値を上げるホルモンの分泌を抑制して、血糖値の上昇を抑えます。

 

血糖値が急上昇しなければ、急降下することもありません。
血糖値が安定することで食べた物が脂肪として蓄積されるのを防ぐ効果があります。

 

このほか、食べた物を胃からゆっくり排出させる作用や、満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果もあります。
痩せるためのホルモンGLP-1は誰にでも持っているもので、人によって量には差があります。

 

 

 

痩せるためのホルモンGLP-1を分泌量を増やす方法

 

分泌量を増やすためには必要な臓器が小腸です。

 

小腸は6〜7mもある体内で最も長い臓器で、その小腸の下部にGLP-1を分泌する細胞が多く存在しています。

 

ですから小腸下部を刺激する食べ物を摂ることでより多くのGLP-1を分泌させる可能性が高まるとされています。

 

ですが、私たちは年を重ねるにつれて腸内の悪玉菌が増えていき、普通の生活を送っていても腸内環境が悪くなっていく傾向があります。

 

 

腸内環境が悪くなれば、下痢や便秘などを引き起こして腸の働きが悪くなります。
つまり、GLP−1の分泌量も少なくなってしまいます。

 

私たちが年を重ねていくとだんだん太りやすいくなっていくのは、こういった腸内環境が悪くなっていくことも関係があるかもしれません。
そして、逆をいえば、腸内環境を整えることでGLP−1の分泌も促進し、痩せやすい体になるということです。

 

 

 

〈痩せるためのホルモンを増やす食べ物〉

 

1、乳酸菌
乳酸菌を増やすには、乳酸菌をその物を摂ることはもちろんのこと、食物繊維とオリゴ糖を積極的に摂る必要があります。
乳酸菌が摂れる食べ物は、ヨーグルト・キムチ・漬物。オリゴ糖が摂れる食べ物といえば・タマネギ・ネギ・キャベツ・ゴボウ・アスパラガスなどが挙げられます。

 

2、EPA
EPAとはエイコサペンタエン酸の略。青魚に多く含まれていて、EPAを多く摂るとGLP−1が多く分泌されることが研究で分かっているそうです。
EPAを多く含む青魚は、サバ・イワシ・アジ・サンマなどがあります。

 

とくにサバはEPAが多く、サバを食べれればGLP−1の分泌量が多くなって、痩せ体質になるといわれています。

 

山形県村山地区ではサバの水煮を良く食べる習慣があり、とくにサバの水煮を食べる方のほとんどが血液中のGLP−1が多くて痩せているんだとか。
ですが、サバ缶なども食べすぎには注意。

 

3、サプリを使う
EPAを摂るには青魚が良いとご紹介しましたが、青魚が苦手な方も多いと思います。そんな方のために、
今ではEPAを簡単に摂れるサプリメントが多く出ていて、ドラックストアに行けば普通に売られています。
サプリメントだったら、毎日決められた量を薬のように飲むだけですから簡単です。

 

4、甘いもの、アルコールを控える
腸内にはカンジダ菌という菌が存在します、
カンジダ菌というのは、普通ならば何も悪さをしないのですが、大量に増えると慢性的な下痢や便秘や腸炎を起こす恐れがあります。
もし腸炎になってしまったら、GLP−1の分泌量も少なくなってしまいます。

 

カンジダ菌が増殖する原因として挙げられるのが、砂糖やアルコールの摂りすぎです。
理由は、カンジダ菌は砂糖やアルコールが好物で無理な食事制限をしてダイエットを繰り返していてもカンジダ菌が増えてしまうようです。

 

腸内環境を整えるには、甘い物やアルコールを控えめにして、無理な食事制限をしないことが大切です。

 

痩せるためのホルモンのGLP-1を増やすための方法をご説明してきましたが、痩せるためのホルモンGLP-1だけが重要ではなく、
みなさんは女性には女性ホルモンといういうものもあるのもご存知ですね?

 

健康作りをするためには女性ホルモンも重要なので少しだけご説明していきたいと思います。

 

痩せるためのホルモンと女性ホルモン

 

痩せるためのホルモンの他に女性には女性ホルモンという女性の体内環境の軸を整える、とても重要なホルモンがあります。
生理、冷え性、むくみなども女性ホルモンによって左右されます。

 

骨、血管、筋肉を強くしたり、脳や神経の働きをよくしたり、肌や髪を艶やか にしたりさまざまに働いてます。
女性ホルモンを活発にする食べ物はナッツ、カボチャ、キャベツ、大豆などがあります。

 

サプリメントでも摂れますがなるべくそれ以外で補いたいですね。

 

痩せるためのホルモンがあることなんて大半の人が知らないと思います。
ですが今回の痩せるためのホルモンを詳しく知ることができたらダイエットに自信が持てない人も自信がつきますね。

 

痩せるためのホルモンGLP-1を多く分泌させ同時に女性ホルモンにも磨きをかけていきましょう。