エステの口コミサイト|エステの体験談・ランキング・比較についておすすめくちこみを掲載

痩せやすい体を作るには

ダイエットを何度もしても何度も失敗してしまい、なかなかダイエットに成果が得られない方は非常に多いかと思われます。ダイエット中にすぐ痩せられる人とそうではない人はなにか違いはあるでしょうか。今回は痩せやすい体の人の特徴はなにか。そして最後にも太りやすい体の人の特徴についてご説明したいと思います。

 

 

 

痩せやすい体の人の特徴

 

痩せやすい体の人のはもともと太りにくい体質にあるということです。
では、もともと太りにくい体質の人はどういう体の特徴があるのでしょうか。

 

それは、痩せやすい体の人は腸内環境にあるのです。
腸内環境が悪いと脂質・糖質が腸に溜まりやすく、溜まった脂質・糖質は腸で吸収されて脂肪となって体に蓄積されます。

 

そして、人間には誰にでもある「痩せるホルモン」というものがありGLP-1と呼ばれていますが、
消化管ホルモンで消化管に入った炭水化物を認識して分泌されるホルモンです。

 

GLP-1は、インスリンの分泌を促すだけでなく、血糖値を上げるホルモンの分泌を抑制して、血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

血糖値が安定することで食べた物が脂肪として蓄積されるのを防ぐ効果をしてくれます。

 

量は本当に人によってそれぞれで、痩せやすい体の人はGLP-1の量が多いということです。

 

 

そのホルモンを一番分泌する場所が小腸です。
小腸は6〜7mもある体内で最も長い臓器で、その小腸の下部にGLP-1を分泌する細胞が多く存在しています。
ですから小腸下部を刺激する食べ物を摂ることでより多くのGLP-1を分泌させる可能性が高まるとされています。

 

ですが、年を重ねるにつれて腸内の悪玉菌が増えていき、普通の生活を送っていても腸内環境が悪くなっていく傾向があります。

 

腸内環境が悪くなれば、下痢や便秘などを引き起こして腸の働きが悪くなります。
つまり、GLP−1の分泌量も少なくなります。加齢と共に太るのはこういった腸内環境が悪くなっていくことも関係あります。
そして、腸内環境を整えることでGLP−1の分泌も促進し、痩せやすい体になるということです。

 

同時に女性は女性ホルモンの影響で腸内環境が悪い人が多く、便秘気味だったり下痢気味だったりする人は、太りにくく痩せにくい体質であるとも言えます。

 

結果的に脂質・糖質が溜まりやすい腸内環境を改善しない限り、いくら食事による摂取カロリーを抑えてもなかなか痩せることはできません。
ダイエットによる食事制限で体はよりエネルギーを吸収しようとして、吸収率は高まります。吸収率が高まったところに脂質・糖質が吸収されるため、食事制限をしてもほとんど効果がなく食事制限をやめた瞬間に太り始めます。これがいわゆる「リバウンド」です。

 

そのためダイエットを成功させるには、腸内環境を改善して太りにくい体質に改善することが重要になります。

 

また、体質で言うと脂肪細が関わっています。よく食べて痩せやすい体の人の多くは、脂肪細胞の中の褐色脂肪細胞の働きが高いと言われています。
褐色脂肪細胞とは、体温を一定に保ちながら、エネルギーを熱として体外に放出させ、肥満を予防する働きに優れています。

 

これとは逆に、太りやすい方というのは脂肪細胞の中の白色脂肪細胞が多いと言われています。白色脂肪細胞は脂質の貯蔵庫と呼ばれ、肥満を生みやすくなります。白色脂肪細胞は胎児から成長期に掛けて増加すると言われており、幼い頃に太っていた時期がある方は、成人になっても白色脂肪細胞が普通よりも多いため太りやすくなると言われています。

 

 

 

痩せやすい体の人は他にも特徴があります。分かりやすくまとめると、

 

〈痩せやすい体の人の特徴@ 基礎代謝〉
痩せやすい体の人はもともとの体の代謝が良いとされています。人は一日に体のエネルギーを使い舞ます。そのエネルギーを有効に使えるか使えないかが代謝です。太りやすい体の人はこエネルギーが使えない、代謝が常に滞っている状態なためどんなに運動したり食事制限しても痩せないのです。

 

〈痩せやすい体の人の特徴B 筋肉が発達している〉
女性は本来筋肉があまり発達していない人が多いです。筋肉が弱くなることで基礎代謝も下げてしまう要因になってしまいます。日頃から、筋トレなど筋肉量を増やす意識を持ちましょう。

 

〈痩せやすい体の人の特徴A 血液の循環が良い〉
血液の流れがいい人は痩せやすい体と言われています。血液の循環が悪いと代謝含め脳の活動にも問題が出てきます。適度に運動などをして酸素を良く吸い血液の循環を良くしましょう。

 

他にも痩せやすい体の人は体質の他に日常的の生活習慣が良い方が多いです。
例えば、普段から体に気をつけ食生活が規則正しいなど、量をあまり摂らないようにする、野菜やビタミンが豊富な果物をよく摂る、有酸素運動をよくする、睡眠の質にこだわるなど普段から自然に気をつけられているのです。痩せやすい体の人の反対で太りやすい人はその逆の生活習慣を送っている方が多いみたいです。

 

普段から食事も摂ったり摂らなかったり、ジャンクフードや油物の食べ物を選びがちだったり、運動もおっくうであまりせず、睡眠も一日3時間しかしないなど不規則の人は、気づかぬうちに太りやすい体を作ってしまっているのです。痩せやすい体の人は普段から体に気をつけている点でも大きいですね。自分が太りやすい体や体質でも普段の生活を返ていくことだけでも痩せやすい体にすることはできるのです。