熊田曜子のダイエット|エステの体験談・ランキング・比較についておすすめくちこみを掲載

熊田曜子流ダイエットの特徴

熊田曜子さんのダイエットは、「激やせ」と称されるほど話題にもなり、
男性からも「完璧なボディ」と評判の、メリハリのあるボディーラインをキープしています。

 

そんな彼女も、妊娠中は16キロも体重が増え、出産直後は3キロしか減らず、
グラビアアイドルという職業柄、ただ体重を減らすだけでなく、
男性に愛されるゴージャスなボディーラインを残すダイエットを開始しました。

 

また、デビュー当時は少しぽっちゃりしている事からも分かるように、
元々は太りやすい体質で、色々なダイエットを試したという経験もあり、
体験談をまとめたダイエット本を数多く出版している芸能人の1人でもあります。

 

 

熊田曜子流ダイエット「ながらエクササイズ」

 

熊田曜子流ダイエットの中でも、一段と話題になったのが「ながらエクササイズ」です。
出産後の育児や家事が忙しい中でも、いつでもどこでも手軽に実践でき、
本の中でも、細くしたい体の部分ごとに細かく説明されています。

 

・バスト
胸を支えている大胸筋を鍛えます。
手のひらを上下逆に合わせ互いに押し合い、両手の強さを変えながら左右にゆっくり動かします。
・腹筋
お腹周りを意識しながら歩きます。
脚を前に踏み出す際には、少し蹴り上げるようにして下腹の筋肉を意識しましょう。
・ヒップ
お尻を椅子から浮かせ、10〜20秒キープします。
お尻、太ももの前側、裏側、下半身全体に効果があります。
・脚
つま先立ちで10〜20秒キープします。
股下が引き締まり、足首も細くなる効果があります。

 

このように、普段お茶を飲んでいる時や、電車の中、家事の最中など、
ふと気が付いた時に意識して実行するだけで良いのが「ながらエクササイズ」です。

 

習慣や癖になってしまえば、自然と体が動くようになります。

 

熊田曜子流ダイエット「バスト維持のコツ」

 

熊田曜子流ダイエットの中でも、多くの人が一番気になる「バスト」を残す方法。
彼女も仕事柄バストにはかなり気を使ってダイエットをしたようです。

 

まず、胸は脂肪なので揺らすと垂れてしまう可能性がある為、
運動やランニングをする時は、サラシを巻いていたとも言っています。

 

また、ランニングよりも水泳の方に力を入れていたようで、
同じくHカップでグラビアアイドルの松金ようこさんがプロデュースした、
バストケア専用のクリームを愛用し、朝晩のケアを欠かさないのだそうです。

 

他にも、しっかりと自分に合った下着を着け、寝る時も夜専用のブラを着用するなど、
普段からバスト維持に気を使った生活をしているんですね。

 

 

熊田曜子流ダイエット「触るダイエット」

 

熊田曜子流ダイエットの中でも、あまり知られていない「触るダイエット」という方法があります。

 

これは、知名度は低いものの、彼女のダイエットの中でも一番プロ意識を感じる、
とても重要なポイントとも言えるダイエット方法です。

 

熊田曜子流ダイエットの内容は単純

 

毎日どんなに疲れていても、眠くても、食べ過ぎても、1日1時間自分の体を触る。

 

鎖骨の上下を指の関節を使ってマッサージしたり、太ももを雑巾絞りのようにギュっとしたり、
リンパを中心にマッサージすれば、老廃物の代謝も良くなり、
疲労回復やダイエット効果に繋がります。

 

また、1日1時間しっかりと自分の体と向き合う事で、ダイエットや美意識の向上にもなります。
色々なダイエットを試した彼女も、
誰かではなく、自分で自分の体を触る事に意味がある事を見つけ出したのでしょう。

 

熊田曜子流ダイエットの結論

 

熊田曜子さんのダイエットは、一見簡単そうに見えますが、
根気とやる気次第な部分も多く、プロ意識が感じられるダイエットとも言えます。

 

芸能人やグラビアアイドルは、こうした日々の努力が仕事に繋がっているのですね。
彼女のような体を目指す為には、それなりの強い意志が必須なのかもしれません。