オーガニックダイエットとは|エステの体験談・ランキング・比較についておすすめくちこみを掲載

オーガニックダイエットとは

オーガニックという言葉を日本で聞くようになったのはここ5年前ぐらいでしょうか。
日本のお店にも有機野菜、無添加野菜などと表記、宣伝している食品などはかなり増えました。

 

特にアメリカは今やオーガニック食品を摂り入れる食文化が当たり前となっています。
アメリカのオーガニック文化と日本のオーガニック文化を比べてオーガニックでダイエットするにはどんな効果があるのか見てみましょう、。

 

 

オーガニックとは

オーガニックダイエットの前にオーガニックというのは日本で言う有機栽培の意味は単年作物(ほうれん草など)では二年以上、永年作物(たまねぎなど)では三年以上禁止農薬や化学肥料を使用せずに栽培している野菜であること。圃場(畑)や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散、混入がないこと。遺伝子組み換え野菜でないこと害虫防除の際、農薬に頼らないこと。というような基準があります。日本の数年前から有機栽培と無農薬栽培が話題になりましたが何が違うのでしょうか。

 

有機栽培

上記でも記述した通り、有機農産物:農薬と化学肥料を使用しない田畑で3年以上、栽培したもの
であり、圃場(畑)や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散、混入がないこと。遺伝子組み換え野菜でないこと害虫防除の際、農薬に頼らないことです。
このような規定は農林水産省にて制定された「有機JAS規格」に適合した生産条件のもとでつくられ、また登録認定機関にその適合性が認められたものをいいます。

 

無農薬栽培

無農薬野菜とは、栽培期間中に農薬を使わないで生産された野菜のことを指します。ポイントは、「栽培期間中に」農薬を使わない、という点です。
もしも、栽培期間外に、つまり昨年の栽培で農薬を使った場合、農薬や化学肥料がその土壌に残っていたとしても、今年度に農薬を使わなければ作られる野菜は無農薬野菜として扱えます。

 

その中で注目されているのが「無農薬・無化学肥料栽培」です。
かつては、「有機栽培」とも呼ばれていましたが、現在では第3者によるJAS認証を受けたもののみ「有機栽培」の表記が可能です。 この認証を受けなかったのが、農薬を使わない栽培の「無農薬栽培」。 そして、化学肥料を使わない栽培が「無化学肥料栽培」と一般に呼ばれています。

 

全ての人が安心・安全の証と思われている無農薬栽培ですが、 現状の無農薬表記は安全性を保証するものとは言い切れません。「農薬を使っていない」ことを言っているだけです。

 

 

「農薬は危険」多くの方にとって、常識的な認識かもしれませんが、実際には「農薬」とされる資材は、 安全性の厳しい検査を通ったものであり、その使用法も厳しく規定されます。

 

自然由来、合成物、有機質、無機質に関わらず、その効果と安全性の検査を通ったものは「農薬」と呼ばれます。
無農薬栽培で病気予防や虫除けに使われる資材のほとんどは、安全性、効果を公的機関が検査していません。 検査していないから農薬ではないのです。
ではなぜ農薬が危険だといわれているのか?危険なものをなぜ使うのか?という疑問が出てきます。

 

今から30 年位前まで使用されていた初期の農薬には、人に対する急性毒性(人が吸ったり誤飲した場合にすぐに現れる毒性)が強いものもあり、農作業に携わっておられた農家の方々が中毒にかかる事例もありました.現在は、このような農薬は全て禁止され、人に対して安全性の高い農薬に置き換わっていますが、当時の「農薬は悪いもの」とのイメージを現在も引きずっているという理由からもあるかと思われます。農薬などを一切使わなくても栽培は可能なのですが
病気や、害虫に対する防除は、無農薬でも必要となります。 防虫ネットや施設により物理的に防除できる場合もありますが、これができない場合は、薬剤に頼ります。

 

「無農薬」の場合は農薬でない薬剤。つまり安全性を検査されていない薬剤を使う場合があります。 これは逆に、農薬では禁止されている毒物が混入する危険が高まりますよね。

 

木酢液では発がん性物質であるタール、ベンツピレンに関する問題が指摘されています。
危険性への公的な検証が行われていない、病害虫防除に効果があるとうたっている農業資材は、リスクが高いと考えられます。 そして、危険性、効用を検査したものは、自然由来であっても農薬と呼ばれます。 世界でもオーガニック食品が広まっている中賛否両論の言葉も多いみたいです。

 

オーガニックダイエットの国アメリカ

日本よりもオーガニック、オーガニックダイエットが比べ物にならないほど流行っているのは、2000年代後半から。その市場は年々拡大しています。他の食品より生産コストも割高となるオーガニック認証食品ですが、人々のオーガニック志向の高まりを受け、利益第一主義のアメリカ最大の食品小売業・ウォルマート社も、オーガニック食品を扱うようになりました。

 

身体に入れる食品から、まずはナチュラルで安全なものを。そうした取り組みが、アメリカの人々の健康と美容を今でも支えているのです。もちろんオーガニック、オーガニックダイエットが流行っているなだけにスーパーにはオーガニック野菜ばかりが並びます。値段も日本同様に割高になりますが野菜不足なアメリカ人にとって健康志向や美意識の高まる人達によってはオーガニック野菜は必要不可欠になっています。

 

 

今ではオーガニックエステなどもアメリカで主流になりコスメなどにも用いられるようになりました。オーガニックダイエット志向はアメリカから日本に渡り有機野菜を食べる健康志向の日本人も少なくありません。

 

オーガニックダイエットは有機食品を取り入れつつ綺麗に無理なく痩せるということです。アメリカのオーガニックダイエットは有機食品を摂り入れることもそうですが大げさに言うと肉も牛乳もほかのものは一切口にしないベジタリアンダイエットという説もあります。多くのアメリカセレブがオーガニックダイエットをしている中でベジタリアンな人も多いです。

 

オーガニックダイエットとは探りに探りついたダイエットの形だと言えます。
健康的に綺麗にという言葉がささやかれる中カロリーの多いものや添加物の多いものを食べていて運動しても日頃健康に気を使っているとは言えません。オーガニックはダイエットの究極でありダイエットを本気で考えているからこそ行きつくオーガニックダイエットなのではないのでしょうか。

 

またオーガニックダイエットは食品だけでありません。日本ではコスメにも多く使われていてアレルギー体質の方もより使いやすくなっています。ゆえにオーガニックダイエットは綺麗になりたい方の大きな助けとなり、これらを読んでオーガニックでダイエットする良さが分かるかと思われます。
みなさんも今より健康に綺麗に、安心のオーガニックを用いてオーガニックダイエットをしてみませんか?